年齢とともに頭を悩ませる、顔や全身のたるみ!

同じ年齢でも、実年齢より若く見える人と、老けて見える人がいます。

規則正しい生活で、いつまでも心も身体も姿勢もピンと若々しく、ハリをキープしましょう!

  1. メールで相談する
  2. カウンセリング予約をする

コラム
顔や身体をたるませる主な原因3つ

2016年9月21日更新

年齢とともに頭を悩ませる、顔や全身のたるみ!
シワの元にもなりますし、老けて見えるので、できれば予防していきたいものです。
しかし、同じ年齢でも、ハツラツと若々しく見える方と、顔や全身がたるんで実年齢より老けて見える方がいらっしゃいますよね。
たるみのあるなし、その差はいったいどこから生まれるのでしょう?

同じ年齢でも、たるみ具合は人によって違う

同じ年齢でも、実年齢より若く見える人と、老けて見える人がいます。どうせならたるみとは縁の薄い人生を送りたいですが、それは願えばすぐに叶うものでもありません。
顔やバスト、お腹にヒップ、たるむ場所や度合いには個人差がありますが、何故このようにたるみ具合に差が出るのでしょうか?

顔や身体をたるませる主な原因

たるみを知るには、まずたるみを起こす原因を知る必要があります。それは一体何でしょう。
要因はたくさんあるのですが、大きなものとして、下記の3つが挙げられます。

・老化
老化は筋力を衰えさせます。
猫背になったり、腰が歪んだり、肩を巻き込んだり。筋力が落ちて身体をまっすぐ支えられなくなると、次第に前屈みの姿勢になっていきます。すると身体前部の皮膚が余り、顔やバスト、おなかなどをどんどんたるませます。

また、ピンと張っていた皮膚も、老化により伸びたまま戻らなくなり、しだいにたるんでシワを刻んでいきます。

・活性酸素
最近何かとよく耳にする活性酸素も、たるみの原因のひとつです。
ストレスや不規則な生活、偏った栄養などで過剰に発生した活性酸素が細胞にダメージを与え、皮膚細胞を衰えさせて肌荒れやシミ、深いシワのもとになります。

・紫外線ダメージ
「光老化」という言葉があります。紫外線を浴び続けた部位は、それほど肌の老化を早めてしまいます。
まず紫外線を浴びると、皮膚細胞がダメージを受け、水分を保持できなくなります。すると、細胞同士の結びつきが解けて、きれいにならんでいた組織はばらばらになり、肌荒れや皮膚のたるみの原因となります。丁度、乾いた土にひび割れができるような状態です。
放っておくとシミや毛穴のたるみや深いシワへと発展するので、早急なケアが必要です。

いつまでも若々しいハリを維持するために

以上のことから、いつまでも若々しくハリをキープしたいのなら、以下のことに気をつけてみましょう。

  • 適度な運動をする
  • 規則正しい食生活
  • 抗酸化食品を摂る
  • ストレスフリーを心がける
  • 紫外線対策

要するに、栄養バランスのよい食事を心がけ、睡眠をしっかりとり、適度な運動と紫外線ケアを忘れないという規則正しい暮らしをしていけば、自然と顔や身体のたるみの原因が遠ざかってくれるというわけですね。
更にストレスを溜めない様にできれば、なお良しです。

また、活性酸素に対抗するには、抗酸化作用の高い食品を積極的に食事に取り入れましょう。活性酸素対策はたるみだけでなく、全身のアンチエイジングになりますよ。

そして、できてしまったシワやたるみは、早いうちにクリニックの施術でリフトアップしてもらいましょう。サーマクールやウルセラシステムなど、切らずに筋肉や皮膚の奥に働きかけてリフトアップを促す施術は、身体への負担も少なくおすすめです。

「きちんとした生活」を毎日続けていくことは、とても難しいです。
しかし活性酸素対策や紫外線ケアは、たるみやシワに限らず病気の予防にもなりますので、いきなりは無理でも少しずつ実践していけたら良いですね。

規則正しい生活で、いつまでも心も身体も姿勢もピンと若々しく、ハリをキープしましょう!

高須クリニックのたるみ・アンチエイジング治療について詳しく知りたい方&メール相談をしたい方はこちらから!

施術内容をもっと詳しく知りたい方はこちら(高須クリニックへ)施術内容をもっと詳しく知りたい方はこちら
(高須クリニックへ)