たるみの治療や予防に

目元がたるんでいると“老け顔”に。

ポイントは保湿成分がたっぷり入った化粧水や乾燥を防いでくれる美容液を選ぶこと

  1. メールで相談する
  2. カウンセリング予約をする

コラム
“老け顔”に見られやすい目元のたるみを
解消するスキンケア

気になる目元の細かなちりめんじわやたるみ。特に目元がたるんでいると“老け顔”に見られやすいですよね。そこで、目元のたるみを解消し、ハリと弾力のある目元を取り戻すスキンケアについてお伝えします。

今の悩みでは「10位」のたるみも、将来の悩みでは「2位」に

まずは、25歳~39歳の全国の女性500人に行った、エイジングケアに関する興味深いアンケート(※)結果をご紹介しておきます。

「あなたがもっとも感じる肌のトラブルは何ですか?」という問いに対し、

  • 1位 ニキビ・吹き出物・・・15.8%
  • 2位 かさつき・乾燥・・・15.4%
  • 3位 毛穴の開き・・・12.5%

という回答結果となり、「たるみ」は10位(3.4%)でした。

ところが、「今は感じていなくても将来的に感じる肌の不安のうち、最も大きいものは何ですか?」という質問になると、

  • 1位 小じわ・しわ・・・18.9%
  • 2位 たるみ・・・18.7%
  • 3位 シミ・そばかす・・・17.3%

と、「たるみ」に対する不安を抱えている人が多いことがわかります。

他人から“老けている”“疲れている”と見られがちな目元のたるみ

さらに興味深いのは、「他人の顔をみて、最も顔の印象が変わると思う要因は?」の回答でもっとも多かったのが「目の下のたるみ」が31.0%で、「目の下のシワ」20.0%よりも多いこと。「他人の顔をみて、最も老けていると感じるのは?」「将来、最もなりたくない目もとの悩みは?」という質問に対しても、「目の下のたるみ」が1位。

「初対面の人の顔の印象について、目もとの“たるみ”が目立つ人にどのような印象をもたれますか?」という質問では、「老けて見える」が71.6%で1位、「疲れている」が67.6%で2位に。3位は「暗い」ですが、16.4%となっているので圧倒的に「老けている」「疲れている」と見られるという結果になっています。

たるみの決め手となる「コラーゲン」は40歳を過ぎると急激に減少

では、こうした目元のたるみを解消するにはどうしたらいいのでしょうか?
方法はさまざまありますが、今回はスキンケアにスポットを当て、目元のたるみを解消する化粧品の選び方についてお伝えします。

「たるみ」の原因には、加齢による肌の衰え以外にも、紫外線や姿勢の悪さ、表情筋の衰えなどがあります。加齢による肌の衰えは、「コラーゲン」という弾力成分が年齢を重ねるごとに減少していくから。そのピークは20代と言われ、40歳を過ぎると急激に減り、60代になると20代の約1/3にまで減少してしまいます。

目元のたるみを解消してくれる化粧品の配合成分

そこで、たるみを解消するための化粧品選びのポイントをアイテムごとに見てみましょう!

  1. 化粧水
    ポイントは保湿成分がたっぷり入った化粧水を選ぶこと。成分としては、保湿成分して有名な「ヒアルロン酸」や保水効果に優れている細胞間脂質の主要成分である「セラミド」などがおススメです。
  2. 美容液
    ポイントは乾燥を防いでくれる美容液を選ぶこと。成分としては、“塗るボトックス”と呼ばれる「アルジルリン」や肌サイクルを活性化させコラーゲンの生成を促す「レチノール」、乾燥小じわなどにも有効な「ビタミンC誘導体」などがおススメです。
  3. クリーム
    ポイントは水分キープと弾力を高めてくれるクリームを選ぶこと。成分としては、保湿・保水に優れている「ヒアルロン酸」「セラミド」以外にも、エイジングケア成分として皮膚科でも処方される「トレチノイン」がおススメです。

とは言え、化粧品に含まれる成分は、あくまでの肌表面の角質層にまでしか浸透しないと言われています。ですので、基本は睡眠をしっかり確保し、野菜中心のバランスのとれた食生活を心がけ、適度に体を動かすことも忘れないようにしましょう!

※出典:「コラックス シワ たるみ エイジングケアに関する調査データ エイジングケアの日本メナード化粧品」
http://www.menard.co.jp/colax/data.html

高須クリニックのたるみ・アンチエイジング治療について詳しく知りたい方&メール相談をしたい方はこちらから!

施術内容をもっと詳しく知りたい方はこちら(高須クリニックへ)施術内容をもっと詳しく知りたい方はこちら
(高須クリニックへ)