たるみの治療や予防に

目元がたるんでいると“老け顔”に。

ポイントは保湿成分がたっぷり入った化粧水や乾燥を防いでくれる美容液を選ぶこと

  1. メールで相談する
  2. カウンセリング予約をする

コラム
まぶたのたるみはどうしてできる?
原因と解消

まぶたのたるみって?

なんだか最近アイメイクがうまく乗らない、アイラインがヨレてしまう。そんな悩みを耳にすることが多々あります。
もしかしたら、それはまぶたのたるみのせいかもしれません。
アイメイクの他にも、鏡を見ると、垂れ目になってきた、ぱっちり二重だったのが奥二重になっている。いつの間にか上手にウィンクができなくなっている。などなど、それらのことも、たるみが元になっていることも。
まぶたのたるみはこのまま対策せず放っておくと、まぶたが重くなるだけでなく、実は、額や目尻のシワ・眼精疲労・肩こり等の原因にもなるのです。
色んなところに影響を及ぼすまぶたのたるみ。それって一体、どんな原因でなるのでしょう。

まぶたのたるみの原因は?

まぶたのたるみの原因にはいくつかあります。

加齢……年齢を重ねると、どうしても肌のコラーゲン量と皮下脂肪が減少し、ハリが失われ、また、重力に引っ張られて皮膚がたるんできてしまいます。
まぶたの皮膚は薄く柔らかいので、特に影響を受けやすいのです。

筋肉の衰え……目の周りには「目輪筋」と呼ばれるドーナッツ状の筋肉がぐるりと眼球を囲っていて、まぶたを閉じる働きをしています。この筋肉が衰えると、ドライアイのほか、まぶたのたるみや目の下のクマ、目尻のしわ等老け顔の原因になります。

PCやスマートフォン……PCやスマートフォンを長時間使っていると、表情筋が動かず、顔の筋肉がどんどん衰えていきます。
また、スマートフォンや携帯を使うときは下を向いていることが多く、姿勢の悪さから顔全体がたるんできてしまいます。

解消するためには

そんな放っておくと恐ろしいまぶたのたるみ。できてしまったら具体的にどうしたらいいのでしょうか。

まずは、表情筋をよく動かして鍛えましょう。
たくさん笑うこと、PCやテレビを見る際に無表情にならないこと。オーバーなくらい顔を動かすこと。これに気をつけるだけでも違うはずです。
歯みがきやお風呂の時間にも、舌を回したり、眉毛を上げ下げしたり、ぜひいろんなパーツを動かしてみてください。

更に、保湿です。皮膚が薄い目の周りにとって乾燥は大敵です。保湿クリームやアイクリームをしっかり塗って、お肌に潤いを与えましょう。

最後に、長時間PCやスマートフォンを使う場合は、ずっと同じ姿勢をしないように、途中でストレッチをしたり、ホットマスクをして筋肉や表情が固まらないよう気をつけましょう。

今すぐ始めよう!

まぶたのたるみは一気に老けた印象を与えてしまいます。
少しでも改善するよう、明日からといわず、簡単なことばかりなので今すぐ対策を始めましょう。

しかしひとつ注意してもらいたいのが、たるみといっても、目を開いた状態で黒目が半分以上隠れてしまうものは眼瞼下垂(がんけんかすい)に分類されます。
この場合は保湿や表情筋トレーニングでは改善されないので、病院を受診してみましょう。
簡単な手術ですっきりとなおりますよ。

高須クリニックのたるみ・アンチエイジング治療について詳しく知りたい方&メール相談をしたい方はこちらから!

施術内容をもっと詳しく知りたい方はこちら(高須クリニックへ)施術内容をもっと詳しく知りたい方はこちら
(高須クリニックへ)