たるみに悩んだら

まぶたがたるみやすい人とは?

目の周りはとってもデリケート。しっかりケアを

  1. メールで相談する
  2. カウンセリング予約をする

コラム
付けまつげや眉毛抜きが
たるみの原因になるって本当?

2015年12月16日更新

私って、年齢より老けて見えるかも。
ぱっと鏡を見て、一瞬、そんな風に思ってしまったことはありませんか。もしあるとしたら、その原因は、目の周りのたるみのせいかもしれません。
重苦しいまぶたや目尻の皺、目のクマなどは老け顔に見られる原因とよく言われているからです。

では、そのまぶたのたるみの原因は一体何でしょう?
また、つけまつげや眉毛抜きがたるみの原因になるといううわさがありますが、これは本当?
今回は、これらの真相にスポットを当ててみたいと思います。

まぶたのたるみの原因

まず、まぶたのたるみの原因についてです。
まぶたがたるみやすい人って、どんな人だと思いますか?
加齢や睡眠不足も原因のひとつですが、実は、PCを長時間使用する人、コンタクトレンズを使用する人、花粉症で目を擦ることが多い人……等が挙げられます。
そのどれもが、目に負担をかけていることに気付きましたか?

目の周りは顔のほかの部分に比べて極端に皮膚が薄く、血行不良や、摩擦や刺激にとても弱いのです。
そんなデリケートな部分ですから、擦ったり、引っ張られたりするとどうなるか……もうおわかりですね。

つけまつげや、何度も塗り重ねたマスカラもたるみの原因に。

何重にも塗り重ねたマスカラは重くなりますし、つけまつげをオフする場合はビリッと引っぱります。
先ほども説明したように、目の周りのお肌はとっても繊細です。つけまつげや、濃いアイメイクもかなりな摩擦と刺激となり、まぶたのたるみの原因となります。
つけまつげや濃いアイメイクは毎日ではなく、どうしてもの場合のみにとどめましょう。

眉毛を抜くときも気をつけて

それと、もうひとつ。腕や足でも、毛抜きで毛を抜いた後、皮膚がひりひりしたり、赤くなることがないでしょうか。それは肌が炎症を起こしている証拠です。
それほど「毛を抜く」という行為はお肌に負担をかけてしまうのです。目の周りの薄い皮膚でそれを行うとどうなるか……そうです、これもたるみの原因になります。

眉毛を整える際は、できるだけはさみや専用のシェーバーを使って、肌への負担を減らしてください。
どうしても抜かなければいけない場合は、お風呂上りの毛穴が開いた状態で、そっと行いましょう。
眉毛を整えた後は、必ず沈静・保湿のケアをしっかりと行いましょう。

とにかくケアをすること!

とにかく、つけまつげや眉毛抜きなど、目の周りの皮膚を引っ張ったり触ったりと負担をかけることはすべてたるみの原因につながります。
目の周りの皮膚は他の箇所よりも格段に薄いことを、しっかりと頭に叩き込んでおきましょう。

でも、メイクをする上で、どうしてもアイメイクやつけまつげが必要なときもありますよね……。
その場合は、必ずつける前と、オフした後にアイクリームや保湿クリームでケアしてあげましょう。

目の周りのくすみやたるみは老けて見えるもとです。顔の第一印象を決めるといっても過言ではありません。
いつまでも若く美しくあるために、目の周りを保護することを心がけましょう。

高須クリニックのたるみ・アンチエイジング治療について詳しく知りたい方&メール相談をしたい方はこちらから!

施術内容をもっと詳しく知りたい方はこちら(高須クリニックへ)施術内容をもっと詳しく知りたい方はこちら
(高須クリニックへ)