目元のたるみに

正しい目元ケア

「あたためる」「UVケア」「保湿」をより丁寧に行い、しっかり睡眠を

  1. メールで相談する
  2. カウンセリング予約をする

コラム
シワを作らないために!正しい目元ケア

2016年4月21日更新

目の皮膚はとっても薄くてデリケート!
それ故に、シミやシワ、たるみなどのトラブルも出やすい部位でもあります。

そんな目元ですが、顔の他の箇所と全く同じケアをしていませんか?

もし同じようにケアをしている人がいたら、それは大きな間違いです。

目元のトラブルを防ぐために

目元のトラブルを防ぐために、まずはやってはいけないことから。

  • 洗顔中にごしごしこする
    ウォータープルーフのアイメイクや、つけ睫毛のグルーが残っていると、メイクを落とす際についごしごし擦ってしまいがち。
    しかし先ほども言いましたが、目の周りの皮膚はとっても薄く繊細です。
    ごしごし擦るとたるみや色素沈着を引き起こす原因になりますし、角質層を傷つけて汚れを落とすつもりがかえって乾燥を招くことにも……。
  • 日焼け
    紫外線はとにかく肌にダメージを与えますので、皮膚の薄い目元は要注意です。
    また、眼球も紫外線に弱いですから、目元というより目全体を紫外線から保護してください。
  • マッサージ
    マッサージは頬やあごにはお手入れとして良いものなのですが、目元となると話は別です。
    特に強い力でマッサージをすると、それだけで目元の皮膚にはダメージになってしまいますから注意が必要です。
    やるならオイルやクリームを使って優しく撫でるように、もしくは軽くツボを押すだけでも充分な効果が得られますよ。

では目元のケアはどんな風に行うの?

上記のことを踏まえて、目元のケアは以下の事に気をつけましょう。

目元のケアのために優しく撫でるように洗顔する女性
  1. 優しく洗顔…強く擦らず、くるくると撫でるように。濃いアイメイクにはクレンジング前にリムーバーを使いましょう。
  2. UVケア…日焼け止め、帽子、サングラスをしっかりと使いましょう。
  3. 保湿…皮膚が薄いぶん、乾燥は敵です! しっかり保湿をして潤いを与えてください。専用のアイクリームを使用するのも良いですね。
  4. あたためる…血行が悪くなると、くすみやたるみ、クマの原因にも……。湯船に浸かって暖めましょう。レンジでチンのホットタオルで、アイマスクパックもいいですよ。
  5. 睡眠…目の周りには毛細血管が多く、睡眠不足になると血行不良を起こし、すぐに青いクマが浮き出てしまいます。お肌の健康の基本は、目に限らずまずは良質な睡眠をとること!

いきいき目元で美人度アップ

目の周りは、本来ならあまり強く触れてはいけない箇所です。

メイクをするときも落とすときも、目の周りは強くこすらないように気をつけましょう。つけまつ毛もたるみの原因になることをお忘れなく!

そして、お手入れの基本である「あたためる」「UVケア」「保湿」をより丁寧に行い、しっかり睡眠をとること。

たったこれだけで、あなたの目元はいきいきと輝きを取り戻すはずですよ。

目元はシワやたるみが出てきやすい分、しっかりとケアをすれば若く見えるポイントになります。

マイナス10歳肌も夢じゃないかも!?

高須クリニックのたるみ・アンチエイジング治療について詳しく知りたい方&メール相談をしたい方はこちらから!

施術内容をもっと詳しく知りたい方はこちら(高須クリニックへ)施術内容をもっと詳しく知りたい方はこちら
(高須クリニックへ)