知らない間になっているかも?眼瞼下垂とは……

黒目が70%以上隠れていると眼瞼下垂の可能性があります。

もし眼瞼下垂になってしまったら……?

  1. メールで相談する
  2. カウンセリング予約をする

コラム
まぶたのたるみが肩こりや頭痛の原因に!?
眼瞼下垂の恐怖

2016年6月30日更新

くまを気にする女性

パソコンにスマートフォンにテレビに……と、毎日使っている目。
しかし、ごしごし擦ったり目を酷使したりと負担をかけ続けていると、まぶたが下がり、頭痛や慢性的な肩こりの原因にもなりかねないことを知っていますか。

鏡を見てください。いつの間にかあなたのまぶたも、重~く垂れ下がっていませんか?
それはもしかしたら、「眼瞼下垂(がんけんかすい)」かもしれませんよ。

知らない間になっているかも?眼瞼下垂とは……。

目を開くときにまぶたを支えているふたつの筋肉を、「眼瞼挙筋(がんけんきょきん)」と「ミュラー筋」といいます。
この眼瞼挙筋が老化その他の何らかの原因で外れてしまい、まぶたが重く垂れ下がった状態を「眼瞼下垂(がんけんかすい)」といいます。

眼瞼下垂チェック

何らかの原因といっても、加齢の他にも生活習慣もまぶたのたるみの原因になりますから、
・パソコンやスマートフォンを長時間使う
・目がかゆいときなどに、まぶたをごしごしこする癖がある
・つけまつげや濃いアイメイクを多用している
・洗顔時にごしごしこすって洗う

こういった場合にあてはまる方は要注意です。眼瞼下垂は20代からも進行するからです。

それでは簡単に「眼瞼下垂」チェックをしてみましょう。

まずは手鏡を用意してください。
自然にまっすぐ前を見ていつものように目を開いたとき、
鏡に映った黒目は、どのぐらい隠れていますか?

黒目が70%以上隠れていると眼瞼下垂の可能性があります。

まぶたのたるみと侮るなかれ

まぶたがたるむ眼瞼下垂は、たかがまぶたのたるみと侮ってはいけません。

まず、眼瞼挙筋が外れてしまうと、ミュラー筋に過度の負担がかかります。
ミュラー筋は交感神経と繋がっていますから、交感神経が高まることからの緊張から、肩こりや頭痛の原因にもなります。

さらに、まぶたがたるんで開かなくなると、顔の別の部位の筋肉を無理に使うため、おでこに表情ジワができたり、頭痛や眼精疲労、顔の歪みの原因にもなります。
また、目が開きにくくなるため、ものを見る際に顎を上げるので、首や背中を痛める人もいます。
たかがまぶたのたるみといっても、実に多岐の症状の原因となるのです。

もし眼瞼下垂になってしまったら……?

眼瞼下垂になってしまうと、改善方法として、まぶたを持ち上げる施術をします。
ほとんどの場合は手術になることが多いですが、といっても、まぶたを縫いとめるだけの簡単な施術ですから、約30分ほどで終わります。

すると、ほとんどの場合が頭痛や肩こりも改善されるそうです。
まぶたも上がるので、黒目がパッチリで視野も広がり、顔も気分もすっきり晴れやかになりそうですね。

慢性的な偏頭痛や肩こりで悩まされている方は、もしかしたら眼瞼下垂かもしれません。
疑いがあるようなら、一度専門医に診てもらいましょう。

高須クリニックのたるみ・アンチエイジング治療について詳しく知りたい方&メール相談をしたい方はこちらから!

施術内容をもっと詳しく知りたい方はこちら(高須クリニックへ)施術内容をもっと詳しく知りたい方はこちら
(高須クリニックへ)