顔・体のたるみの悩みに

フェイスラインのたるみにエクササイズ

フェイスラインが引き締まれば自然と顔が小さく見えます。

  1. メールで相談する
  2. カウンセリング予約をする

コラム
フェイスラインがたるむ原因と解決法で
憧れの小顔に!

「なんか最近、顔が大きくなってきたみたい・・・」
あなたがそんな風に感じているとしたら、フェイスラインがたるんできた証拠かもしれません。フェイスラインが引き締まれば自然と顔が小さく見えますが、どうすればフェイスラインをスッキリと引き締めることができるのでしょうか?

パソコンやスマホばかりやっているとたるみの原因に

気になるフェイスラインのたるみ。その原因は大きく分けて2つ。

  1. 加齢や紫外線などの影響
  2. 表情筋の衰え

年齢を重ねれば誰でも肌がたるんできます。ただし、年齢だけが原因なら若い人は心配する必要はありません。ところが、紫外線や乾燥もたるみの原因となりますので、年齢に関係なく「たるみ」に対する予防が必要となります。

また、顔の表情を作る表情筋の衰えも年齢に関係はありません。柔らかいモノばかり食べていたり、食事をする回数そのものが少なかったり、あまりしゃべることがない、笑うことがほとんどないといったことも表情筋が衰える原因に。

ケラケラとよく笑う人は不思議と肌のハリが良いものですが、それは自然と表情筋が鍛えられているから。ですので、いつもパソコンやスマホの画面とばかり向き合っていると、無表情になりやすくたるみの原因となりますので注意が必要です。

鏡を使ってフェイスラインのたるみをセルフチェック!

では、鏡を使ってあなたのフェイスラインがどのくらいたるんでいるのかをチェックしてみましょう!
見た目はあまりたるんでいるように見えない方も、驚きの結果となりますので是非チェックしてみてくださいね。

  1. 鏡を用意します。
  2. まずは正面から自分の顔の状態を確認します。
  3. 次に鏡を顔の下に移動させ、上からのぞいてみましょう。
  4. 正面から見た時の顔とどのぐらい違うかを確認してください。

どうでしたか?
普段の顔とあまりに違っているのでびっくりした方も多いはず。まるで10年後、20年後の自分を見ているようで恐ろしくなった人もいるのでは?

老廃物の滞りやむくみもフェイスラインがたるむ原因

フェイスラインのたるみは、加齢や紫外線、表情筋の衰え以外にも、「老廃物の滞り」や「むくみ」が原因していることもあります。

アゴの周りにはリンパ管が集中していて、リンパの流れが悪くなると老廃物が溜まりやすくなり、するとアゴの下がむくみ、二重アゴになってしまうことも少なくありません。また、水分やお酒の飲み過ぎも顔がむくみ原因となり、たるみへつながる可能性があります。

フェイスラインのたるみを解消するエクササイズ

そこで、フェイスラインのたるみを解消し、憧れの小顔を手に入れるためのエクササイズをご紹介します。どれも簡単なものばかりなので、気軽にどんどん実践してみましょう!

≪フェイスラインを鍛えるエクササイズ≫

  1. アゴを持ち上げて上を向きます。
  2. 口を大きく開き、舌を真上に向け鼻につけるようなイメージで突き出します。
  3. そのままの状態で5秒間キープし、(2)の動作を5回繰り返します。

≪フェイスラインを引き締めるエクササイズ≫

  1. 首筋の縦の筋肉が浮き出るようにし、ゆっくりと大きく「あ」の形になるよう口を開きます。
  2. 次に「い」の形になるよう口を横に引っ張るように開きます。
  3. (1)(2)の要領で、「う」「え」「お」の形になるよう順番に口を開きます。

※ポイントは首の筋が縦に浮き出るのを意識し、ひとつひとつの動作に5秒ぐらいかけて行うこと。

こうしたエクササイズに加え、日頃からよく笑い、友達や家族などとたくさんおしゃべりすることでも表情筋が鍛えられます。大きく口を開けて歌うような曲をカラオケで熱唱するのもアリ!ストレスも発散でき、たるみの予防・改善にもなりますのでおススメです。

高須クリニックのたるみ・アンチエイジング治療について詳しく知りたい方&メール相談をしたい方はこちらから!

施術内容をもっと詳しく知りたい方はこちら(高須クリニックへ)施術内容をもっと詳しく知りたい方はこちら
(高須クリニックへ)