フェイスラインのむくみやたるみについてのお話です。

フェイスラインがたるむとどうなる?

フェイスラインのたるみを取るには…?

  1. メールで相談する
  2. カウンセリング予約をする

コラム
フェイスラインのたるみを取るには…?

2016年5月25日更新

たるみが気になる女性

気になる顔のたるみ……。
頬やまぶた、あごなど、たるみが気になる箇所は色々とありますが、今回は「フェイスライン」についてです。
フェイスラインってたるむの?と思われるかもしれませんが、意外とむくみやたるみが顕著に現れる箇所でもあるのです。
放っておいたら大変!
いつの間にか顔の輪郭が丸くなっているかも……!?

今回は、そんなフェイスラインのむくみやたるみについてのお話です。

フェイスラインがたるむとどうなる?

表情筋の種類

フェイスラインのたるみの原因にはいろいろとありますが、大きいものですと、主に「むくみ」と「筋肉の衰え」です。
顔は、全身の中でもくるくると表情を変えることができる部位で、とても複雑に多くの筋肉が絡まりあっています。
この筋肉を表情筋といいます。

太股やお尻のように大きな2つ3つの筋肉を鍛えるのとは違い、表情筋をまんべんなく使うのはとても難しく、どうしても使わないところから衰え、たるんできてしまいます。
フェイスラインがたるむと、輪郭がぼやけて、太って見えます。
また、ほうれい線や二重あごの原因にもなりますから、表情筋が衰えると実年齢よりも老けて見られることでしょう。

困ったことに、どんなにお化粧をしても、フェイスラインのたるみは誤魔化しきれませんから、たるみ自体を解消していくほかありません。

フェイスライン引き締めるには

では、フェイスラインのたるみやむくみを取って顔を引き締めるにはどうしたらよいのでしょうか?
まずは、顔の筋肉「表情筋」を鍛えることです! たとえばこんなエクササイズはどうでしょう。

・あいうえおエクササイズ
顔をこれ以上は無理~というくらい大げさに動かしながら「あー・いー・うー・えー・おー」と5秒ずつ言うだけ。
意識して色々な筋肉を使うようにしましょう。
これを5~10分程度、気付いたときにやります。

・ベロ回しエクササイズ
舌を歯茎に沿ってぐるっと一周回します
左右一回ずつ交互にやります

一日50~100回ほど(それ以上でも勿論可)、気がついたときにやりましょう。
頬やあごのラインがシャープになります。

その他にも、よく笑って表情を豊かにすること、よく噛んで食事をすることも表情筋を鍛えてくれますよ。
反対に、一日じゅうスマートフォンやパソコンの画面を見るのは要注意。背中の筋肉が弱って、顔全体のたるみの原因になってしまいます。
要は、いきいきとした表情を心がければ、たるみ予防をしながら美人度もアップできるという訳ですね。

しかし、エクササイズでは改善しないような頑固なたるみには、美容整形に頼るのも良いでしょう。
カンタンなものですと、ヒアルロン酸の注射一本で見違えるように顔がリフトアップします。
また、レーザーの照射や超音波など、メスを入れることなく顔全体を引き締めてくれる施術も充実しています。
ひとりひとりの症状に合わせてプランを提案してくれますよ。

顔を引き締め、スッキリ小顔に!

いかがでしたでしょうか。
フェイスラインのたるみですが、毎日の努力で少しずつでも予防・改善ができますから、表情筋を動かすことを意識して頑張ってみてくださいね。
引き締まったすっきり小顔ラインは、必ずあなたを年齢よりも若く見せてくれるはず!

高須クリニックのたるみ・アンチエイジング治療について詳しく知りたい方&メール相談をしたい方はこちらから!

施術内容をもっと詳しく知りたい方はこちら(高須クリニックへ)施術内容をもっと詳しく知りたい方はこちら
(高須クリニックへ)