お顔のたるみに

あごのたるみ

たるみ対策には筋肉が必要です。エクササイズで鍛えましょう。

  1. メールで相談する
  2. カウンセリング予約をする

コラム
二重あご・たるみ・むくみをどうにかしたい!

2016年2月12日更新

もし今、「あなたのもっとも気になるたるみはどこですか?」と聞かれたら、
頬やまぶたを挙げると同時に、「あご」と答える人も多いのではないでしょうか。
たるんだあごや二重あごは老けて見られてしまうポイントのひとつですから、女性としては気になってしまいますよね。

今回は、そんなあごのたるみやむくみについてのお話です。

そもそも二重あごの原因って何?

年齢とともに気になってくる、あごのたるみ。
その原因は、大きく四つに分けられます。

二重あごを気にしている女性
  1. 骨格
    もともとあごは、筋肉や皮膚を支える骨がないことで、脂肪が溜まりやすく、下に落ちやすいという特徴があります。
    また、骨格により、あごに脂肪が溜まりやすい方も一定数居ます。
  2. 脂肪
    太って脂肪がついた場合と、①でも書いたように体は太っていなくても骨格のせいで脂肪が溜まってしまう人もいます。
    脂肪がつくと、首とあごの境目が埋もれて太ってみえたり、二重あごがひどくなってしまいます。
  3. 皮膚のたるみ、むくみ
    上記の理由に加えて、姿勢や、加齢による皮膚のたるみや体調によるむくみにより、更に二重あごがひどくなります。
    特に猫背の方や、長時間デスクワークをされる方は特に注意!
  4. 表情筋の衰え
    顔や首、あごを支えているのは、「表情筋」と呼ばれる複雑に絡まりあった筋肉です。
    加齢や生活習慣により、表情筋は次第におとろえ、顔や首のたるみの一番の要因となります。

たるみを解消する為に

ではたるみを解消するためには一体どうすれば良いのでしょうか。

  1. よく噛んで食べる
    咀嚼により、あごや首の筋肉が鍛えられ、たるんだあごを少しでも引き上げることができます。
    固さのあるものを、しっかり噛んで食べることを心がけましょう。
  2. 姿勢を正しく
    今までのコラムでも触れましたが、顔や首は、猫背や同じ姿勢を継続してとりつづけることでどんどんたるみが悪化してしまいます。
    正しい姿勢でピンと背中を張り、頭皮や顔をリフトアップしましょう。
  3. エクササイズ
    たるみ対策には筋肉が必要で、その筋肉を鍛えるためには、やっぱりエクササイズです!

    あごを鍛えるストレッチをご紹介します。

    【あごを鍛えるストレッチ】

    • (1) 天井を向いて、あごを上に向ける
    • (2) 口を開いて口角を持ち上げ、5カウントキープ
    • (3) 上を見上げたまま、下あごを持ち上げるようにゆっくり閉じる
    • (4) あごをゆっくりとおろし、まっすぐ正面を見る

    これを三セット。

    ※(2)の部分を、「大きく口を開いて舌を突き出す」「ゆっくりあ・い・う・え・おの形にする」方法もあります。
    使う筋肉が違うので、日替わりで色々ためしてみてください。

    一度やるだけでも、首の筋肉が引っ張られているのがよくわかりますよ!

また、あごを支える咀嚼筋を鍛えるには、ガムやスルメを噛むことも有効です。
とにかく咀嚼回数を増やしましょう。
通常の食事もしっかり噛むことで満腹中枢を刺激しますので、ダイエットにもいいですよ。
30回以上を目安に噛んでくださいね。

たるみを解消して、シャープなフェイスラインに!

いかがだったでしょうか。
ストレッチは簡単なものばかりですから、よく噛むことといっしょに、ぜひ挑戦してみてくださいね。
ただし、顎関節症の危険もありますので、やりすぎは禁物です。無理せず行ってください。
毎日少しずつの積み重ねで二重あごを撃退し、すっきり小顔を手に入れましょう!

ただ、努力してもどうしても改善しない場合や、骨格の問題で二重あごになってしまう方の場合は……専門医に頼りましょう。

たとえば、小顔専用の脂肪溶解注射「メソシェイプフェイス」。
あごに何本か注射をするだけで、徐々に脂肪を溶かして排出してくれます。
また、照射するだけのウルセラやサーマクール、糸で引き上げるイタリアンリフト等、さまざまな方法がありますので、一度カウンセリングを受けてみては?

専門医の手にかかれば、きっと驚くほどフェイスラインがすっきりすると思いますよ!

<メソシェイプフェイス症例写真>


(4回目注射後1ヶ月)

高須クリニックのたるみ・アンチエイジング治療について詳しく知りたい方&メール相談をしたい方はこちらから!

施術内容をもっと詳しく知りたい方はこちら(高須クリニックへ)施術内容をもっと詳しく知りたい方はこちら
(高須クリニックへ)