むくんでパンパンに詰まった足の中には何が入っているのかご存知ですか?

下半身のむくみやたるみを解消するには

カリウムには水分を排出する効果があります。

  1. メールで相談する
  2. カウンセリング予約をする

コラム
下半身のむくみを解消してたるみスッキリ

2016年5月27日更新

女性のむくみ

女性なら、大半の人が頭を悩ませている「むくみ」。
特に夕方にもなると、靴がパンパンになったり、足首が太くなっていることも少なくありません。

この下半身の「むくみ」、足が太く見えるし重いしたるみの原因にもなるしで、良いことがひとつもないですから、できればすっきり解消したいですね。

どうしても下半身はむくみやすくできている

むくんでパンパンに詰まった足の中には何が入っているのかご存知ですか?
実はそのほとんどは「水分」と「老廃物」です。なんとなく解ってはいましたが、改めて聞くと驚きですよね。

私達の身体は、全身にリンパ管や血管が通り、循環しています。そのとき血液やリンパ液は、各所で古い血液や老廃物も回収して腎臓まで運んでいく働きを担っています。
むくみというのは、この中の余分な水分や老廃物が細胞内に滞り、うまく循環ができていない証拠なのです。

ではなぜ下半身は、このように水分を溜めこみ、むくんでしまうのでしょう。
それには、様々な要因があります。

  • 起きている間は、重力によりどうしても血液や水分が下へと引っ張られるため
  • 女性は男性よりも筋肉が少なく、足まで下がってきた血流を、筋肉が心臓まで押し返せないため
  • 運動不足や冷えからくる血行不良
  • 塩分や添加物の過剰摂取

どうです、思い当たるものはあったでしょうか?

下半身のむくみやたるみを解消するには

むくみをいきなりスッキリ! と改善するのはむつかしいのですが、生活習慣での注意や簡単な運動で、予防と体質改善をすることはできます。

・リンパマッサージ
足のリンパ、ちょうど膝や股関節など足を曲げるところで滞りやすいので、ソコを重点的にマッサージします。
足先から上に向かって撫でるように押し上げて、滞った老廃物を流してください。
また、麺棒で膝の裏をごりごりと刺激する麺棒マッサージも気持ちが良いですよ!

・筋肉を増やす
筋肉が循環におけるポンプの役割をしますから、ふくらはぎの筋肉を鍛えることがむくみ解消の近道です。

・簡単な運動をする
ずっと同じ姿勢でいると、特にむくみがひどくなります。
会社の休憩時間や、お手洗いにいった際など、気付いたときに足首をくるくる回したり、屈伸をしてください。
ふくらはぎの筋肉が刺激されて、血流を押し返すポンプ機能が元気になりますよ。

・水を飲む
血流をふやして流れをよくするためにも、水や白湯を飲みましょう。過剰な水分制限は逆にむくみの元になります。

・半身浴
冷えをとる&血流をよくするためにも、一日の終わりは半身浴がおすすめです。全身の老廃物や余分な水分が汗となってどんどん流れ出ていきますよ。
ついでにお肌もきれいになり、代謝も上がって一石二鳥です。

・カリウムを摂取する
カリウムには水分を排出する効果があります。
バナナ、パセリ、干しぶどう、アボカド、アーモンド、イモ類、海藻類、などがカリウムが多く含まれているといわれています。
他にもカリウム含有量の多い食材はたくさんありますので、探してみましょう。

むくみはすぐに解消しないと大変なことに……!?

このように、むくみは毎日の生活の中で、少しずつ気を配っていくことでかなり予防・改善が期待できますので、その日のむくみはその日のうちに取ることを心がけてください。
なぜなら、むくみはほうっておくと慢性化して、ゾウのような足やたるみにもつながるからです。

それは困りますから、できることから予防を心がけ、むくみもマッサージや半身浴ですっきり解消してから眠るようにしましょう。

むくみを予防する生活を続けていれば、血流の流れがよくなり、次第にむくみにくくなってくるはずです。

高須クリニックのたるみ・アンチエイジング治療について詳しく知りたい方&メール相談をしたい方はこちらから!

施術内容をもっと詳しく知りたい方はこちら(高須クリニックへ)施術内容をもっと詳しく知りたい方はこちら
(高須クリニックへ)