気になるたるみの悩みに

おしりのたるみ対策は冷やさないこと

湯船に浸かりながら、セルライトをほぐすつもりで強めにマッサージをすると効果的です。

  1. メールで相談する
  2. カウンセリング予約をする

パーツ別対策
太もも・お尻・下半身

血液の流れと関係のあるお尻や太もも

体の中で脂肪がつきやすく落ちにくいパーツが、お尻とお腹、太ももです。太ももは、心臓から遠いパーツなので、そうしても血液の流れが悪くなります。そのため太ももについた脂肪はセルライト化しやすくなります。さらに、長時間立ちっぱなしや座りっぱなしの仕事も、太ももの血行が悪くなりたるむ原因です。

脂肪がセルライト化すると硬くなり、皮膚の表面へ押し上がってきます。さらにセルライト化が進むと、太ももの脂肪は膝の裏側へと下がっていきます。

太ももやお尻のたるみ対策として大切なのが身体を冷やさないことです。とくに夏場はクーラーの効いたオフィスや部屋で一日過ごしていると、体は思ったよりも冷えています。シャワーだけですませず、1日1回は湯船にゆったりと浸かり、体を芯から温めてあげましょう。

また、湯船に浸かっているときに、セルライトをほぐすように強めに揉んでマッサージをするのも効果的です。毎日続けることでかなり改善されますのでおすすめです。

お尻の脂肪とたるみの関係

お尻が垂れ下がっているとパンツスタイルも様になりません。お尻は意外にも骨盤の影響を大きく受けている部分でもあります。お尻のたるみの予防・改善には、まず普段の何気ない姿勢から意識してみましょう。たとえば、脚を組んだり重いカバンをいつも同じほうの肩にかけていたり、頬杖をつくのも骨盤がゆがみお尻がたるむ原因となりますので注意してください。

骨盤が開いてお尻が平べったく四角くなると、どうしてもお尻の脂肪は下へたるんでしまいます。お尻のたるみは歪みを解消しないと、ストレッチや筋トレだけでは解決しないのです。

【ヒップアップのための簡単骨盤矯正】

  1. 脚を肩幅に開き腰に手を当てます。
  2. 頭は動かさないようにし、腰だけはゆっくりと大きく回します。
  3. 右回りを10回行ったら、次に左回りも同様に行います。
  4. 最後に太ももの付け根に手を当て、横から中心に向かって押します。

美容整形で効果的にお尻のたるみ取り

垂れたお尻をヒップアップするのにおすすめなのが『ポラリス(POLARIS)』と『サーマクールCPT』です。どちらも刺激の少ない肌に優しい治療です。ダウンタイムがほとんどないので、施術当日から普段と変わらない生活が送れます。お試し感覚で気軽に施術することができるので、一度トライしてみるのもよいでしょう。

高須クリニックのたるみ・アンチエイジング治療について詳しく知りたい方&メール相談をしたい方はこちらから!

施術内容をもっと詳しく知りたい方はこちら(高須クリニックへ)施術内容をもっと詳しく知りたい方はこちら
(高須クリニックへ)