たるみやたるみの専門サイト

目袋の脂肪を取り除いてすっきりまぶたに

一度脂肪を取り除けばその後は付きにくくなるので、半永久的な効果の持続が可能です。

  1. メールで相談する
  2. カウンセリング予約をする

症例写真
まぶたの脂肪取り(上・下)

加齢とともに現れる「目袋」は、化粧では隠せきれません。目袋があると、まぶたがたるんで、老けて見られたり、目の下のふくらみはクマのように見られてしまうことも。疲れているように見られる膨らみの原因である脂肪をすっきりと取り除き、若々しい目もとを復活させます。

術後の経過

症例1:二重まぶた全切開法+目尻切開+タレ目形成(グラマラスライン)+目の下脂肪取りで目の印象を変えた症例写真の腫れが引いていくダウンタイム経過画像
高須幹弥医師からのコメント

手術前
手術前です。
二重まぶた全切開法+目尻切開+タレ目形成(グラマラスライン)+目の下脂肪取りを同時にすることになりました。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
手術直後(目を開けた状態)
手術直後です。
局所麻酔注射などの影響で強く腫れていますが、腫れは必ず引くので心配ありません。

手術直後(目を閉じた状態)
手術直後の目を閉じた状態です。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
2週間後(目を開けた状態)
2週間後です。
だいぶ腫れは引きました。

2週間後(目を閉じた状態)
2週間後の目を閉じた状態です。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
1ヶ月後(目を開けた状態)
1ヶ月後です。
更に腫れは引きました。

1ヶ月後(目を閉じた状態)
1ヶ月後の目を閉じた状態です。

▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態

6ヶ月後(目を開けた状態)
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引き、完成です。

6ヶ月後(目を閉じた状態)
6ヶ月後の目を閉じた状態です。

6ヶ月後(メイクあり)
6ヶ月後のアイメイクした状態です。 ※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。
症例2:片目のみ目の下の脂肪取りをして左右対称に近づけた症例写真の腫れが引いていくダウンタイム経過画像
高須幹弥医師からのコメント

手術前
手術前です。
右目のみ下まぶたの脂肪を取ることになりました。

手術直後
手術直後です。
局所麻酔注射などの影響で、右目だけ腫れています。

1週間後
1週間後です。
大きな腫れは引いています。

1ヶ月後
1ヶ月後です。
ほとんど腫れは引いています。

4ヶ月後
4ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引きました。
症例3:目の下の脂肪を取り、埋もれていた涙袋が浮き出てきた症例写真の腫れが引いていくダウンタイム経過画像
高須幹弥医師からのコメント

手術前
手術前です。
下まぶたの脂肪切除手術をすることになりました。

手術直後
手術直後です。
局所麻酔注射の影響などにより腫れています。

2日後
2日後です。
大きな腫れは引いています。
仕事に復帰しました。

6ヶ月後
6ヶ月後です。
完全に腫れは引いています。
目袋によって埋もれていた涙袋が浮き出てきました。
症例4:まぶたの脂肪取り 下まぶた
高須幹弥医師からのコメント

手術前
術前です。
下まぶたの裏側から脂肪を取ることになりました。

手術直後
手術直後です。
麻酔の影響で腫れています。

1ヶ月後
1ヶ月後です。
大きな腫れは引きました。
クマが目立たなくなりました。
症例5:まぶたの脂肪取り 下まぶた
高須幹弥医師からのコメント

施術前
術前です。
目の下に脂肪の膨らみがあり、膨らみの下に影ができるため、クマが目立ちます。
下まぶたの裏側から脂肪を取ることになりました。

施術直後
手術直後です。
麻酔の影響で少し腫れています。
内出血はほとんど出ませんでした。

1週間後
術後1週間です。
腫れはほとんど引いています。
目の下の膨らみがなくなり、クマが目立たなくなりました。


症例6:まぶたの脂肪取り 下まぶた
高須幹弥医師からのコメント

施術前
術前です。
目の下に小さな脂肪の膨らみがあり、膨らみの下にくっきりと溝ができて影になっていたため、クマが強調されていました。

施術直後
術直後です。
麻酔によって腫れています。
個人差はありますが、大きな腫れは2~3日で引き、1週間も経てば大部分の腫れは引きます。

▼上 メイクなし / 下 メイクあり
1ヶ月後(メイクなし)
1ヶ月後メイクなしです。
脂肪の膨らみが平らになり、膨らみの下の影が薄くなったため、クマ自体も目立たなくなりました。

1ヶ月後(メイクあり)
1ヶ月後メイクありです。
クマが目立たないほうがメイクばえします。 ※施術後(After)のメイクあり写真について 施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。



▼上 メイクなし / 下 メイクあり
※施術後(After)のメイクあり写真について 施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。
症例7:まぶたの脂肪取り 下まぶた
高須幹弥医師からのコメント

施術前
術前です。
目の下のクマが目立ちます。
目の下の脂肪の膨らみを、下まぶたの裏側から取ることになりました。

施術直後
術直後です。
麻酔の影響でやや腫れています。
下まぶたの裏から行うので、表面に傷はありません。

1ヶ月後
1ヶ月後です。
腫れはほとんど引きました。
脂肪の膨らみがなくなり、クマが目立たなくなりました。



症例8:まぶたの脂肪取り 下まぶた
高須幹弥医師からのコメント

施術前
脂肪でふくらんでいる部分が陰になってクマを作り、いつも疲れているような印象の20代女性。こうした方は年齢を重ねてたるみが出てくると、老け込んだり疲れた印象がどんどん強くなるので、皮膚がたるんでいなかった下まぶたの脂肪だけを取り除きました。

施術直後
術直後なので少し腫れていますが、3日~1週間程でおさまってきます。

1週間後
腫れが引くと、ふくらみも陰もなくなって本来の若々しさに。この方は皮膚がたるんでいなかったので、脂肪を取るだけで済みましたが、たるみがあると皮膚を切り取る必要が出てくるので、術後の痛みや腫れが長くなり、仕上がりの美しさにも影響します。また、早いうちに脂肪を取っておくとたるみ予防にもなるので、おススメですよ。
症例9:まぶたの脂肪取り 下まぶた
谷奈保紀医師からのコメント

施術前
目の下のたるみが目立つ30代女性。老けて見えるのを気にされていたため、下まぶたの脂肪取りを行いました。

施術直後
施術直後、少し腫れていますが、まぶたの内側より脂肪を取るので手術による傷は全く見えません。目の下の腫れは3日~1週間程度でおさまってきます。


1週間後
1週間後、腫れもすっかりおさまり、すっきりとした下まぶたに。表情も明るく、若々しい目もとになりました。
症例10:まぶたの脂肪取り 下まぶた
 



症例写真

■二重まぶた全切開法+目尻切開+タレ目形成(グラマラスライン)+目の下脂肪取りで目の印象を変えた症例写真の術前術後画像

(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、全体的に目を大きくして、印象を変えたいというご要望でした。
診察させていただいたところ、二重に関しては、目を開けた状態でそこそこ二重の幅が見える状態でした。
蒙古襞はほとんど発達しておらず、涙丘(目頭側の赤い粘膜の盛り上っている部分)がはっきりと見えており、目と目の間隔は広くありませんでした。
全体的に目が細く、ややつり目気味でした。
また、下まぶたに眼窩内脂肪が張り出しており、目の下のクマを強調させていました。
手術は、二重まぶた全切開法、目尻切開、タレ目形成(グラマラスライン)、目の下脂肪取りの4つをすることになりました。
目と目の間隔は広くなく、蒙古襞も発達していなかったので、目頭切開はする必要はありませんでした。
二重まぶた全切開法で、二重の幅を少し広げ、華やかな目元になるようにしました。
元々蒙古襞が張っていなかったため、必然的に平行型の二重になりました。
アイラインを引いたりつけまつ毛をしても、はっきりと二重だとわかるようになりました。
目尻切開はW字切開の内田法に準じたデザインで行い、最大限広げた結果、約2mm程度広がり、外側に広がった分は上下にも広がるようにしました。
タレ目形成(グラマラスライン)は、下三白眼にならないように黒目の真下の下まぶたは下げず、黒目の外側のみ約2mm下げるようにしました(安全な範囲、自然な範囲内で約2mmが最大限でした)。
タレ目形成の際、余分な下まぶたの皮膚は切除し、ついでに下まぶたの眼窩内脂肪を適量除去しました。
術後は、目が一回り大きくなって、つり目が解消し、全体的に華やかな目元になりました。
また、すっぴんでも化粧をしても悪くなく、患者様には大変満足していただきました。 ※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。
■片目のみ目の下の脂肪取りをして左右対称に近づけた症例写真の術前術後画像


(4ヶ月後)


(4ヶ月後)


(4ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
30代女性の患者様で、目の下の脂肪の膨らみを気にされて来院されました。
診察させていただいたところ、特に右目の脂肪の膨らみが目立っており、左目も少し膨らんでいました。
両目の下まぶた脂肪取りをお勧めしましたが、患者様本人は右目だけ綺麗にして、今より左右対称にしてくれれば良いというご要望でしたので、右目のみ下まぶたの脂肪取りをすることになりました。
下まぶたの皮膚のたるみはそれほどなかったので、皮膚の切開や切除はせず、下まぶたの裏側の結膜(粘膜)から脂肪を除去する経結膜脂肪切除手術をすることになりました。
下まぶたに局所麻酔注射をした後、下まぶたの結膜にCO2レーザーで小さな穴を開け、眼窩内脂肪を内側と中央のコンパートメントから適量(小豆約2個分)除去しました。
術後は右目の目の下の脂肪の膨らみが平らになって、ほぼ左右対称になり、患者様には大変満足していただきました。
また、この患者様の下まぶたは、脂肪のあった部位の下は少し窪んでいるので、この部位にヒアルロン酸を注入すると更に平らに近づき、綺麗になります。
■目の下の脂肪を取り、埋もれていた涙袋が浮き出てきた症例写真の術前術後画像


(6ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント


除去した左右の下まぶたの脂肪です。

40代女性の患者様で、目の下の膨らみを気にされていました。
診察させていただいたところ、下まぶたの眼窩内脂肪が発達しており、目の下がぷっくりと膨らんでいました。
また、よく見るとそこそこの涙袋が存在するのですが、涙袋のすぐ下の眼窩内脂肪が膨らんでいるため、涙袋と目袋が重なり、涙袋が埋もれている状態になっていました。
経結膜下眼瞼脂肪切除術で、下まぶたの裏から眼瞼内脂肪を除去することになりました。
左右の下まぶたから、内側と中央と外側のコンパートメントからほどよい脂肪を除去しました。
術後は、膨らんでいた目袋がほぼ平らになり、老けている印象が改善されました。
また、目袋が平らになったことにより、元々あった涙袋が浮き出てきて、若々しく、笑顔溢れる印象になり、患者様には大変満足していただきました。
■まぶたの脂肪取り 下まぶた


(1ヶ月後)


(1ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
30代女性の患者様で、目の下のクマを気にされて来院されました。
診察させていただいたところ、目の下の脂肪が膨らんでおり、脂肪の膨らみの下は窪んで陰になって、クマが目立っていました。
目の下の脂肪を除去して、窪んでいるところにヒアルロン酸を注射するのが良いのですが、同時に行うよりは、まず脂肪を除去して、腫れがおさまってからヒアルロン酸を注射するのが良いので、まず脂肪除去をすることになりました。
手術は局所麻酔下に下まぶたの裏側にCO2レーザーで小さな穴を開けた、適度な量の脂肪を除去しました。
術後は脂肪の膨らみの部分がほぼ平らになり、クマが目立たなくなりました。
このあとヒアルロン酸を注射すると、張りが出てさらにクマが目立たなくなります。
■まぶたの脂肪取り 下まぶた


(1週間後)


(1週間後)

高須幹弥医師からのコメント
40代女性の患者様で、目の下のクマが気になるとのことでした。
目の下が窪んでおり、その上、目の下に脂肪の膨らみがあるため、膨らみの下に影ができて、クマを強調させていました。
このタイプのクマには目の下の脂肪取り+目の下の窪みへのヒアルロン酸注射が有効ですが、まずは目の下の脂肪取りのみを行いました。
術後は脂肪の膨らみがなくなり、クマが目立たなくなりました。
この後、ヒアルロン酸注射をすると更に目立たなくなります。
■まぶたの脂肪取り 下まぶた

(1ヶ月後)


(1ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
30代女性の患者様です。
目の下に小さな脂肪の膨らみがあり、膨らみの下にくっきりと溝ができて影になっていたため、クマが強調されていました。
この方のクマの原因は、この脂肪の膨らみと、膨らみの下が窪んでいることと、血行が悪いためか下まぶた全体がやや黒ずんでいることです。
その中でも一番の原因は脂肪の膨らみであったため、まず脂肪をとることになりました。
局所麻酔をして、下まぶたの裏側にCO2レーザーで小さな穴を空け、余分な脂肪を除去しました。
術後は脂肪の膨らみが平らになったため、膨らみの下の影が目立たなくなり、全体的にクマが改善しました。
この後にヒアルロン酸注射やポラリス、ゴールデンリフトなどをすると、クマは更に改善します。 ※施術後(After)のメイクあり写真について 施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。
■まぶたの脂肪取り 下まぶた


(1ヶ月後)



(1ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
30代の女性の方で、目の下のクマが気になるとのことで来院されました。
この方は、目の下に脂肪の膨らみがあり、膨らみの下に影ができ、それがクマを強調していました。
皮膚のたるみはほとんどなく、膨らみだけなので、皮膚は切除せず、下まぶたの裏側から脂肪を取るだけにしました。
手術は局所麻酔をして、下まぶたの裏側にレーザーで小さな穴を開け、脂肪を抜くだけなので、15分程度で比較的簡単に終わります。
術後は脂肪の膨らみはなくなり、クマが目立たなくなったのがわかっていただけると思います。
目の下のクマには色々な原因があり、脂肪の膨らみが原因の場合は、脂肪を取ることによって、劇的に改善することが多いです。
目の下の脂肪は、一度取ってしまえば、再び膨らんでくることは稀なので(膨らんできたとしてもごくわずかです)、効果は半永久に続きます。
逆に取らないで放置していると、老化によってどんどん膨らんでしまい、そうなると、脂肪を取るのと同時に皮膚を切除しなければならないため、早い段階で脂肪を取るのが予防的にもお勧めです。
■まぶたの脂肪取り 下まぶた

日下志厳医師からのコメント
20代の女性です。遺伝的に下まぶたの脂肪がつきやすいやすい方でした。この『まぶたの脂肪取り』の良い点は、皮膚を切除しないこと。施術跡が目立ちにくいだけでなく、術後の腫れも3日くらいでほぼ引いてしまいます。下まぶたの脂肪がないだけで、目が引き立つようになって目力も強く。美人度が、ぐんとアップしましたね。 ※施術後(After)のメイクあり写真について 施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。
■まぶたの脂肪取り 下まぶた


高須克弥医師からのコメント
下まぶたの脂肪取りを希望された40代女性。たるみが陰になり、クマのように見えるため、疲れているように見えたり、老けて見えていましたが、手術によりすっきりとした明るい目もとに。張りのある肌で見た目が5歳くらい若返りました。
■まぶたの脂肪取り 下まぶた
ビフォーアフター
■まぶたの脂肪取り 下まぶた
ビフォーアフター

高須クリニックのたるみ・アンチエイジング治療について詳しく知りたい方&メール相談をしたい方はこちらから!

施術内容をもっと詳しく知りたい方はこちら(高須クリニックへ)施術内容をもっと詳しく知りたい方はこちら
(高須クリニックへ)