たるみやむくみの悩みに

傷跡小さくリフトアップできる施術法

部分的なたるみ解消には、ミニリフトがおススメ。傷跡は髪の毛で隠れるので気づかれる心配もありません。

  1. メールで相談する
  2. カウンセリング予約をする

FAQ
Q5.ピンポイントでリフトアップ

Q5 たるみの気になる部分をピンポイントでリフトアップするには、どのような治療法がいいでしょうか?
A5 頬やこめかみ、口もとなどの「部分的」なしわやたるみの改善に有効なのが、『ミニリフト』という施術です。通常のフェイスリフトよりも傷口が小さく、術後の腫れも少ないのが特徴です。手術は、傷跡がちょうど髪の毛に隠れる部分(耳の前の軟骨に沿った部分)を3~4cm切開し、後ろに引っ張ってしわとたるみを伸ばすというコンパクトな方法です。施術時間は約1時間で、傷跡は髪の毛に隠れるので、周りに気づかれる心配もありません。切開部が少ないので、術後の腫れや痛みもわずかです。手術当日からシャワーもOKです。

高須クリニックのたるみ・アンチエイジング治療について詳しく知りたい方&メール相談をしたい方はこちらから!

施術内容をもっと詳しく知りたい方はこちら(高須クリニックへ)施術内容をもっと詳しく知りたい方はこちら
(高須クリニックへ)