たるみやしわ悩み解消

急激なダイエットは肌がたるむ原因

大切なのは体脂肪を減らすこと。無理な食事制限は皮膚の伸び縮みが追いつかず逆にたるんでしまいます。

  1. メールで相談する
  2. カウンセリング予約をする

たるみの原因
ダイエット

体重を減らすことよりも体脂肪を減らすことが大切

「1カ月で10キロのダイエット!」などと、短期間の過激なダイエットは皮膚の伸び縮みが追いついていかず、結果、体重は減って痩せたけど肌はたるんでしまった…ということになりがちです。理想のダイエットは、月に1~2キロを目安に徐々に体重を減らしていくもの。ただ体重を減らすだけのダイエットは痩せた印象よりも、やつれた印象のほうが強くなります。

ダイエットで大切なのは、体重を減らすことよりも体脂肪を減らすことなのです。食事面だけの極端なダイエットは、体脂肪よりも必要な脂肪や筋肉ばかりが減ってしまうため、たるみの原因となってしまうのです。ですから、たるまないダイエットにするには、食事療法と併せて運動を行うことで筋力をつける必要があります。

なぜダイエットによってたるみが引き起こるのか?

総カロリーを減らすことが目的の食事療法ですが、たとえば「○○だけを食べれば痩せられる」というような限定された食材だけを食べていたのでは栄養に偏りが出てしまいます。また、せっかく食事の量を減らしてもスナック菓子などを食べていたのでは、食事以上に高カロリーになってしまいます。

女性の場合、1日に必要な摂取カロリーは約1800キロカロリーです。このうち70%に当たる1270キロカロリーは基礎代謝として使われます。基礎代謝は心臓を動かしたり体温を維持したりするための大切なエネルギーです。しかし、過激なダイエットで1日の総カロリーが800とか1000キロカロリーとかにしてしまうと、体重は減ったものの基礎代謝に使われるエネルギーが足りなくなってしまうのです。そのため、代謝機能などに問題が生じ、脂肪の燃焼効率が悪くなってしまいます。

また、カロリーだけを意識したダイエットは、基礎代謝を下げてしまうため筋肉が衰えてしまいます。筋肉が衰えますので、ますます基礎代謝が低くなってしまい、痩せにくく太りやすい体になってしまうのです。

高須クリニックのたるみ・アンチエイジング治療について詳しく知りたい方&メール相談をしたい方はこちらから!

施術内容をもっと詳しく知りたい方はこちら(高須クリニックへ)施術内容をもっと詳しく知りたい方はこちら
(高須クリニックへ)