たるみ・シワのお悩みに

睡眠不足=生活習慣の乱れがたるみに

よく噛んでものを食べることで、引き締まったフェイスラインに近づけることができます。

  1. メールで相談する
  2. カウンセリング予約をする

たるみの原因
生活習慣

日常生活で気を付けること

運動不足もたるみの原因のひとつです。適度な運動は汗をかくことで乾燥も防ぎますし、血行や新陳代謝も良くなりますから、代謝機能もアップします。お風呂にゆっくり浸かることや半身浴や足湯などで汗をじっくりとかくのもいいでしょう。

食事の際に、良く噛んで食べることも大切です。噛むことでアゴの筋肉が鍛えられます。また、片側だけで噛むクセがある人は、どうしても噛んでいないほうの筋肉が衰えてきます。そのため、顔のたるみにつながってしまうこともあります。両側の歯でしっかりと噛むことで、引き締まったフェイスラインに近づけることが可能です。

睡眠不足もたるみの原因となりますが、枕の高さもたるみと関係があります。枕が高すぎると首にしわが寄るだけでなく、枕が高いことで肩凝りや血流が悪くなるため、たるみの原因となります。

さらに、アルコールやタバコも活性酸素を発生させる元凶です。活性酸素は、コラーゲンやエラスチンだけでなく、細胞そのものを傷つけたりもします。ですから、アルコールはほどほどに。そして、「百害あって一利なし」と言われるタバコは、美容を考えればやめたほうがいいでしょう。

笑顔を心がける

表情が乏しいこともたるみの原因のひとつです。顔の筋肉となる表情筋は肌に密着しているため、表情筋がたるむと肌もいっしょにたるんでしまいます。笑ったり驚いたり怒ったり…こうした喜怒哀楽の表情は、顔の筋肉を自然と鍛えているのです。

また、年齢を重ねるとどうしても口角が下がりやすくなってきます。ですから、意識して口角をキュッと上げたり、笑顔を心がけたりするだけでも違ってきます。

日常生活のさり気ない姿勢もたるみと関係しています。たとえば、猫背やうつむいた姿勢が多いと、気がつかないうちに首にしわができたり、たるんだりしてフェイスラインが崩れやすくなります。

高須クリニックのたるみ・アンチエイジング治療について詳しく知りたい方&メール相談をしたい方はこちらから!

施術内容をもっと詳しく知りたい方はこちら(高須クリニックへ)施術内容をもっと詳しく知りたい方はこちら
(高須クリニックへ)