たるみの悩みなら

化粧水はケチらずつけてスキンケア

高い化粧水をちびちび使うくらいなら、安い化粧水をじゃばじゃばつけたほうが水分補給にお勧めです。

  1. メールで相談する
  2. カウンセリング予約をする

たるみの原因
スキンケア

間違ったスキンケアがたるみの原因になることも

スキンケアをしたほうが肌には良いはずと思いがちですが、間違ったスキンケアがたるみの原因になることは意外と多いのです。

たとえば、必要以上に洗顔をし過ぎれば、肌の表面の潤いを保つ皮脂まで洗い流してしまいますし、洗浄力が強すぎる洗顔料の使用や、洗顔後にタオルでゴシゴシとこすったりすることも肌がたるむ原因となります。

たるみを予防・改善するには、外から帰宅した後は、クレンジングでしっかりと汚れを落とす習慣をつけましょう。ただし、メイクをしていないときや朝の洗顔などは、汗やホコリの汚れだけですので石鹸かぬるま湯だけの素洗いで十分です。

洗顔の際のお湯の温度は、32℃前後のぬるま湯が適しています。体温以上のお湯だと、皮脂まで落としてしまい肌が乾燥しやすくたるみの原因となりますので注意をしてください。また、すすぎは洗顔料や汚れをしっかりと落とすつもりで十分に行い、洗顔後はできるだけ早く化粧水でたっぷりと保水してあげましょう。

マッサージは、血液やリンパの流れが良くなりますのでたるみにもおすすめです。ただし、何もつけずにマッサージをする人もいるようですが、必ずクリームやオイルなどを使うようにしないと、かえってたるみを引き起こす原因となってしまいます。また、力を入れ過ぎてしまえばたるみには逆効果ですので注意が必要です。

効果的な化粧品選び

化粧水を選ぶ際にも、高いものだとどうしても少量しか使わない人が多いようです。しかし、化粧水はあくまでも水分の補給が目的となります。高い化粧水をちびちび使うのなら、安い化粧品をジャバジャバと使ったほうが水分補給におすすめです。

ただし、収斂タイプの化粧水にはアルコール成分のエタノールやイソプロパノールなどが使われています。そのため、脂性肌の人は良いのですが、乾燥肌や敏感肌の人では乾燥しやすくなりますので、できればモイスチャータイプの化粧水を選ぶようにしてみてください。

高須クリニックのたるみ・アンチエイジング治療について詳しく知りたい方&メール相談をしたい方はこちらから!

施術内容をもっと詳しく知りたい方はこちら(高須クリニックへ)施術内容をもっと詳しく知りたい方はこちら
(高須クリニックへ)