たるみ・しわの専門サイト

美容内科について

予防や薬物によるケアなどで治す場合には「美容内科」です。

  1. メールで相談する
  2. カウンセリング予約をする

コラム
美容内科と美容整形外科の違い

美容皮膚科の中にも、予防や薬物によるケアなどで治す場合には「美容内科」、手術など外科的処置を行う場合には美容整形外科として区分けされます。

こうした新しい診療科ができた背景には、レーザー治療などの新しい医療機器の登場や美容医学の進歩によって、老化した皮膚を若々しく保つための外科療法が普及したことによります。

たとえば、老化によってできたシワ、シミ、ホクロなどを除去するアンチエイジングの場合、たいていの場合は若々しさを保持するために行われるので、美容皮膚科の領域に入ります。

ただし、そのホクロが進行し、悪化すると疾患になる場合に皮膚科の領域として施術することが可能です。
皮膚科の治療では、健康保険が適用され、医療費の自己負担は1~3割。

しかしながら、美容皮膚科の治療は、病気でないところの治療するのだから健康保険は使えません。
全額、自己負担になります。
だから、本来はこの2つの診療科には厳然とした境界線がなくてはならないはずでしょう。

高須クリニックのたるみ・アンチエイジング治療について詳しく知りたい方&メール相談をしたい方はこちらから!

施術内容をもっと詳しく知りたい方はこちら(高須クリニックへ)施術内容をもっと詳しく知りたい方はこちら
(高須クリニックへ)