たるみ・しわの専門サイト

美容皮膚科について

美容や予防医学は美容医学の領域です。

  1. メールで相談する
  2. カウンセリング予約をする

コラム
皮膚科と美容皮膚科の違い

「皮膚科」を標榜しているクリニックは多くあります。
湿疹や虫さされ、水虫、アトピー性皮膚炎、じんましんなど、皮膚にトラブルに見舞われた際に受診します。
皮膚科の医師は、診察、検査等によって原因を突き止め、治療にあたりますが、トラブルが病気の範ちゅうなので、全部、健康保険の適用になります。

しかし、病気ではない皮膚トラブルを治そうとすると、皮膚科の領域ではなくなり、美容皮膚科の領域となります。
病気を治療することと、予防や美しさ、見た目を目的に治療することとは、医師の技術も考え方もまったく違えば、費用負担、治療法なども違います。

皮膚科と美容皮膚科-簡単に区別すると、同じ皮膚を相手にしていても、「疾患を治したい」とことが目的ならば「皮膚科」で、「キレイになりたい」「汚くなりたくない」という目的で受診すると「美容皮膚科」の領域となします。
ただ、この両者の境界線は非常に曖昧です。

たとえば、肌アレがひどいとき、その肌アレが痛かったり、痒かったり、非常に不快感があるなどの症状を現しており、それを治したい場合には皮膚科の領域に入ります。

しかし、毎年同じように肌アレをおこすので、おこさないようにケアしたい、という場合には、まだ疾患をおこしていないため治療ではなく、予防医学に入るので美容皮膚科の領域に入ります。

ニキビができているとき、そのニキビを治したいために医療を受けるならば皮膚科ですが、治したあとにもう二度とニキビにならないように治療するとしたら、それは美容皮膚科の範囲になります。
この境界線が曖昧だからこそ、わざわざ「美容皮膚科」を標榜しており、受診する側がきちんと選ばなくてはならないということです。

高須クリニックのたるみ・アンチエイジング治療について詳しく知りたい方&メール相談をしたい方はこちらから!

施術内容をもっと詳しく知りたい方はこちら(高須クリニックへ)施術内容をもっと詳しく知りたい方はこちら
(高須クリニックへ)