たるみ・しわの専門サイト

混合診療について

治療の一部に自由診療が入っている場合、すべてが自由診療です。

  1. メールで相談する
  2. カウンセリング予約をする

コラム
保険診療、自由診療、混合診療について

誰もが気になるのは診療費用のことでしょう。
皮膚科は大部分が健康保険の適用になりますが、美容皮膚科では自由診療のため、診察から調剤にいたるまで、全額が自己負担になります。
日本の医療制度では、保険診療と自由診療があり、この両方を同時に行うことを混合診療と言います。

たとえば、にきびの治療をした後、瘢痕を目立たなくするためにレーザー治療が行われた場合、にきびの治療は保険診療であり、瘢痕を目立たなくする治療は自由診療になります。
保険治療と自由診療が混在しているので、こうした診療を混合診療というのです。

混在治療は法律では禁止されており、全体の治療の一部にでも自由診療が入っていると、全部、自由診療となり、医療保険の適用には一切なりません。

融通のきかない法律のように思え、治療内容によって医療費を振り分ければいいのではないか、と思うかもしれませんが、もし混合診療を認めてしまうと、反対に保険診療の部分まで自由診療がもち込まれる危険があり、高額な医療費が否めなくなってしまうのです。
そうなると、裕福な人だけが高度な医療を受けられ、そうでない人は自分の経済力に合っただけの医療しか受けられないことになってしまいます。

日本の医療制度は「国民皆保険制度」であり、いつでも、どこでも、誰でも病気になったときには平等に医療が受けられる制度なのだから、とする国側の主張と、混合診療を認めることにより、より多様な治療が可能になるという医師側の主張とで、これまでにも何回も問題になってきた混合診療なのですが、現在のところ、「保険外併用両用制度」によって認められた治療に限り、混合診療が認められているという現状になっています。

高須クリニックのたるみ・アンチエイジング治療について詳しく知りたい方&メール相談をしたい方はこちらから!

施術内容をもっと詳しく知りたい方はこちら(高須クリニックへ)施術内容をもっと詳しく知りたい方はこちら
(高須クリニックへ)